一般貨物運送事業 運送と物流の全国ネットワーク

パレット処分

不要になった木(パレット)、処分でお困りではないですか。

当社では一般貨物輸送事業をはじめ、産業廃棄物収集運搬事業、保管事業、引越事業と4項目にて営業してまいりました。

その中で、産業廃棄物収集運搬事業では許可書を一都六県で申請済みで取得しており、関東一都六県での産業廃棄物収集運搬ができます。

今、地球温暖化の問題が世界で問題化されております。

それに伴い、産業廃棄物運搬業として当社では木くずを中心に数年にわたり、木くず100%リサイクル工業と連携を結び、下記の種類の木くずを中心に運搬後、完全100%リサイクルというものに取り組んでまいりました。

100%リサイクル工業に持ち込まれた木くずは処理を得て、パーリクルボード、段ボールの中芯にて再生されます。ご希望の方は工場見学をご案内いたします。

東証一部の各排出事業者さんもこのシステムを使用しております。

木くずの種類では例えば、

  1. 海外より海上コンテナで輸入された商品のパレット類。
  2. 倉庫で使用価値がなくなったパレット
  3. 商品を梱包に使用した木枠。
  4. 作業、倉庫で使用しなくなったベニア、合板ベニア、台木。
  5. 引越後、使用しなくなったタンス、カラーボックス、他木くず類。

ここでの取り組みは

  1. 地球温暖化の対策には木くず処分には100%リサイクル
  2. 排出事業者の木くず処分の運行費、処分費の低減。

処分費は下記の通りです。

4トン(荷台サイズ6200×2350) 運賃¥随時ご見積もり

処分費 1kg×¥10×重量kg=処分費¥_____

ご請求金額は運賃+処分費¥____=合計金額+消費税です。

リサイクル工場では処分費は通常ですと上記4トン車満載で1,500kg~2,000kgです。上記の処分重量を計算いたしますと¥15,000~¥20,000の処分料になります。

排出事業者様の声

  • いままで¥80,000位の処理費を支払っていた。経費削減になった。
  • ベニア、合板ベニア、家具、カラーボードなど、いままで1kg¥50の中間処分場に持ち込んだので、受け入れてくれるので助かる。

最後に

処分品の削除は種類ごとに分けて処分するのが経費の削減になります。鉄類、木くず類、プラスチック類は今やリサイクル当然のものと考えられております。

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-039-634

PAGETOP
Copyright © 株式会社武蔵野貨物 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.